初心者でも安心のコーティングフライパン

くっつきにくくお手入れラクチン

コーティングフライパンとは、アルミやステンレスなどの基板にフッ素樹脂などをかけてコーティングしたフライパンです。
軽くて使いやすく、くっつきにくい上に、食器と同じように洗えるので、お手入れも楽なので、一般家庭で最もよく使われています。
コーティングに使われるフッ素樹脂にダイヤモンドやマーブル(大理石の粉)などを混ぜこみ、耐久性を向上させているものもあります。
いずれも、油をひかなくても食材がくっつきづらいため、健康に気を使っている方向きの調理器具です。
しかし、250℃以上に加熱できないものが多く、また、油になじみにくい特徴もあるため、鉄製フライパンの得意とするような高温調理には向きません。
耐久性は高いのですが、金属のフライ返しなどを使うと、加工に傷が付き、はがれやすくなってしまうので、キッチン小物選びも注意が必要です。

油を使わなくても焦げ付きにくい特性

コーティングフライパンは、高温での調理に不向きですが、くっつきにくい、という特性から、中火程度の火力で、じっくりと加熱する調理に向いています。
こんがり、カラっと、とか、シャキシャキ歯ごたえの仕上がりを求めることは難しいですが、汁気の多い料理、煮込み料理やソース造り、パスタなどの調理には向いています。
油をひかなくてもくっつきにくいですから、餃子などの蒸し焼き調理や、くっついてしまうとアウトな薄焼き卵も、失敗なく作れるでしょう。
また、少し深さのあるフライパンであれば、少量の揚げ物にも向いているかもしれません。
注意すべきは、空焚きです。
加熱時に、焼き面に空焚き部分が多いと、劣化を早める原因になるので、注意が必要です。


▲ TOPへ戻る