フライパンの素材

フライパンでする調理といえば、肉を焼いたり、炒めたり、といった、焼き色を楽しむ料理も多くあります。 こんがりと、食欲をそそる焼き色を付けるためには、高い温度で調理することが必要な場面も多いです。 熱伝導が良い上に、丈夫な鉄製のフライパンは、高温調理にピッタリの調理器具なんですよ。

スタイリッシュで軽いアルミパン

フレンチやイタリアンのシェフが颯爽と振っている姿が印象的なアルミ製のフライパン。 アルミパンといわれ、一般の料理好きの方の間でも人気が集まっています。 一番の魅力は、その見た目にあるでしょう。 うすいグレーのアルミパンは、食材の色が良く見えるので、作っているだけで食欲をそそります。

初心者でも安心のコーティングフライパン

フッ素樹脂などを表面に塗装したコーティングフライパンは、焦げ付きが少なく、油を使わなくてもくっつかないので、健康に気を遣う方にはもってこいです。 また、お手入れも、食器洗い洗剤で洗うだけだったり、商品によっては、食器洗浄機で洗うこともできるため、お手入れもカンタンなのが魅力です。

高温調理はやっぱり鉄製

加熱料理には必需品ともいえるフライパン。
焼く、炒めるだけでなく、少量なものならば蒸し物や湯通しなど、下ごしらえにも使える便利な調理器具です。
フライパンに使われる素材もの様々で、鉄製やアルミ製、銅製やステンレス製などのほかにも、表面に加工されたフッ素樹脂加工、ホーローの物など、本当に多くの種類のものがあります。
それぞれに特性があり、プロや料理上級者の方は、調理方法によって使い分けている方もいらっしゃいます。
例えば、鉄製のフライパンは、熱伝導が良く、丈夫なので、高温調理に向いています。
大事に使えば一生ものだと言われ、プロや料理好きの方からは根強い人気があります。
ただし、使い終わった後、きれいに汚れを落とし、水気をしっかりと飛ばす、そして、油を塗っておいてあげる、といった日々のお手入れを怠ると、サビてしまったり、焦げ付きやすくなってしまうので注意が必要です。
その点、フッ素樹脂加工が表面にされているフライパンは、食器と同じ中性洗剤を使って洗うことが出来、水分が残っていてもサビることはありません。
食材がくっつきにくいので、油を使わずに調理することも可能です。
お手入れはラクチンですが、あまり高い温度では調理できなかったり、金属製のフライ返しなどを使うと、表面が傷ついてしまいます。
その傷から水分などが侵入することで、表面加工がはがれてしまい、結局は焦げ付きやすくなってしまう、ということもあるので、器具選びに注意を払う必要があります。
この様に、材質によりいろいろとメリット、デメリットがありますから、フライパン選びも、ポイントを絞ることが大切なんです。

▲ TOPへ戻る